木造住宅

木造住宅のメリットとデメリット

家

沖縄で木造住宅選びをする際に選択しなければいけないのが工法です。今回、日本の住宅の大部分を占める木造住宅のメリット、デメリットについてご紹介します。
沖縄の木造住宅のメリットは主に3つです。まずは、コストが安いことです。鉄筋住宅などに比べて木造ではコストが安く済みます。木材自体が安いことに加え、鉄筋作りでは余分に断熱や吸湿の処理を施さなければいけません。そのため、木造の方が鉄筋構造より数10万円ほどコストが安くできます。続いて、設計の自由度が高いことです。木造では基礎と柱、梁でしっかりと支えることができれば他の部分は自由に設計できます。すなわち、間取りやデザインに融通がきき、自由な空間を作ることができます。最後は、断熱性が高いことです。木は熱伝導率が低く断熱性に優れた素材です。ですから鉄筋構造に比べ、木造のほうが断熱性に優れた住宅を作ることができます。
対して、沖縄の木造住宅のデメリットをご紹介します。まずは、耐震性です。鉄筋に比べ木造では強度に劣ります。ですから耐震性の面では鉄筋構造に軍配があがります。しかし、現在の木造住宅では各メーカー独自の耐震性への工夫がなされており、引けをとりません。続いて、耐久性です。木造住宅の天敵となるのがシロアリです。また、風雨による経年劣化もあります。最後が、火災に弱いことです。木は燃えやすいので火災にも注意が必要です。最近では燃え広がりにくい工夫がなされています。

高い人気を誇る木造住宅

近年では鉄骨の住宅を好む人も増えているようですが、日本で古くから親しまれてきた住宅といえば木造住宅でした。それは四季があり湿気が多い日本の風土に適しているためです。そして現在、吸湿性や断熱性に優れた木造の家の良さが見直されています。
沖縄の木造住宅にはいくつかのメリットがありますが、その一つが建築費が鉄骨にくらべて安いということです。一生に一度の買い物と言われるマイホーム購入のために20~30年間ローンを組む家庭がほとんどだと思いますので、コストが抑えられる木造住宅が好まれるようです。
また沖縄の木造住宅はリフォームをしやすいというメリットもあります。長年住んでいると様々な理由からリフォームする家庭も多いので、改築しやすい木造住宅が人気があります。それに木造の家に住んでいると心が落ち着くという良さもあります。昔から親しまれてきた木造住宅で、日本人にとっては木の香りが精神的な癒しになるようです。
さらに沖縄の木造住宅は化学物質が少ないので、体にも優しい住宅だといえます。そのため化学物質に敏感な人にも適しています。このように色々なメリットがある木造住宅ですので、鉄骨住宅も以前に比べて増えている中、まだまだ高い人気を誇っています。住宅購入を考える人は、コストやその他様々なメリットを考えて沖縄で木造住宅を検討してみてはいかがでしょうか。

木造住宅の3つのメリット

住宅の構造の種類は木造住宅、鉄筋コンクリート住宅、鉄筋鉄骨コンクリート住宅がありますが、日本では約8割が木造住宅です。沖縄でも木造住宅は森林資源を資材として活用しているので日本の風土に適しているのが多い理由と言われています。そこで沖縄での木造住宅のメリットを見ていく事にしましょう。
まずは、断熱性が優れていることです。木は鉄やコンクリートより熱伝導率が低いので断熱性が優れています。断熱性が優れていると部屋の温度を一定に保ち続ける事が出来るので夏の暑い時期は涼しくする事が出来ますし冬の寒い時期は温かくする事が出来ます。エアコンの使用頻度も少なくなるので光熱費を節約する事が出来ます。
続いて、吸湿性が優れていることです。木は鉄やコンクリートに比べて吸湿性が優れているので部屋の中が快適になります。またカビの発生なども予防する事が出来るので衛生面でも大きなメリットになります。清潔感ある住宅で生活したいと考えている人は木造住宅を選ぶ事が多いです。
最後に、建築費用が安いことです。木は鉄やコンクリートより建築費用が安いので購入する時の費用も安くなります。住宅の購入は基本的に多額に費用がかかるので安ければ安いほど経済的にメリットになります。住宅の購入費用を安く抑えたいと考えている人は木造住宅を選ぶ事が多いです。沖縄で住むなら木造住宅がオススメです。


住みやすさといった面で利点が多い木造住宅を沖縄でお探しではありませんか。沖縄木造住宅なら、あなたの理想とする木造住宅がすぐに見つかるはずです。デザインも素晴らしいものが多いので、沖縄での木造住宅探しはこちらから行うことをおすすめいたします。

おすすめの記事

新着情報

TOP