木造住宅

木造住宅のメリットデメリット

住宅には、様々なタイプがありますが、その中でも木造住宅は、最も主流といってもいいほど多く建てられている家といえます。人によって感じ方は様々ですが、木造住宅ならではのメリットとデメリットがあるのです。
メリットとして挙げるなら、やはり新築の匂いがするということでしょう。よく、引っ越した時に新築のにおいがするというのは、木材からする特有の香りなのです。RC(鉄筋コンクリート)や、SRC(鉄骨鉄筋コンクリート)になってくると、そのにおいを感じることができません。その他には、住宅自体が温かいということがあげられるでしょう。これは、鉄筋コンクリートに比べた場合にのみに限ります。
デメリットは、倒壊や火事のリスクが他よりも大きいということでしょう。最近では、耐震性の物件も存在していますが、大きな地震が来れば対応することができずに倒壊してしまうこともあります。火事に関しては、木材のほうが火が移りやすいですし、燃え上がってしまいます。
このようにメリットとデメリットがありますが、デメリットに関しては、自分で対応することができるものです。予防することによって、防ぐことができるので、気を付けてみるとよいでしょう。

おすすめの記事

新着情報

TOP