木造住宅

木造住宅は日本の伝統が詰まっている

日本では昔から主流となっている木造住宅ですが、家の主要な構造部に木を使い、建築された家の事を「木造住宅」と言います。日本の木造住宅は大変長い歴史があり、その歴史の中で培われた様々な知恵が家作りの各所に活かされております。
木造住宅の特徴は、理にかなった構造が各所に使われており、素材が木で有りながら大変丈夫である、家を作ったりメンテナンスする為のコストが安い、家のデザインの自由度合いが高い、家のメンテナンスやリフォームがやり易い等の特徴が有ります。木を使用している事で強度についての不安もあるかも知れませんが、耐震構造対策や湿気についてきちんとした対策を行っておく事で
その寿命は大変長く、一般的な木造住宅でも100年くらいは持つと言われております。1981年に改正された建築基準法の新耐震基準を守っている事で、震度7クラスの地震にも耐えられると言う報告もあります。
湿気は木造住宅にとっては大敵ですが、特に床下などに湿気が多いと「不朽菌」が発生してしまったり、白アリによって家の床下の土台を腐らせてしまう事が有ります。その様な事態にさせな為、外壁通気構法や基礎パッキンでの床下の換気を良くし湿気を防ぐ様に工夫がされております。又、土台の木材には防蟻処理を必ず行い耐久性を高める様にしております。

おすすめの記事

新着情報

TOP