木造住宅

やさしい木のぬくもりのする木造住宅

木造住宅は、見た目にきれいで、建築費用が安く済むということで人気があります。耐久性からみると低くなりますが、昨今の住宅事情を考えると日本人に向いているといえます。家は、親子代々受け継がれていくものではなくなってきたからです。親から子の世代になると、家族に合った家に造り替えることになります。
木造住宅は、取り壊して建て直すことが簡単です。新しい家にしたり、二世帯住宅にするなど、増えてきています。そしてリフォームをするうえでも、木造住宅は便利です。鉄筋構造の家はコンクリートで固められているために、容易に壁を取り壊したり、部屋の間取りを変えることができないからです。
木造住宅では、火災の心配が懸念されますが、燃えにくい木を使ったり、間取りを考えることで回避できます。木造住宅は、木で造られているために暖かみがあり、木のにおいも漂ってきます。木の家は気持ちが落ち着き、癒しの空間でもあります。家の存在は、仕事から、学校から帰ってきて、ほっと安らげる空間でありたいからです。また、木でできているので、湿気の多い日本では、水に強い木造住宅が好まれます。湿度の調整ができることで、家が傷みにくく、カビや結露から守ってくれるからです。

おすすめの記事

新着情報

TOP